親子代々ぶどう作り 樹上完熟したとっても甘いぶどう 大粒でぎっしり

じゅじょうかんじゅく

ぶどうはバナナや桃と違って追熟しないので、収穫後にそれ以上甘くなることはありません。樹上完熟させることで、その品種が持つ甘さ、酸味、香りをしっかりと感じられる美味しいぶどうに育ちます。

にゅうさんきんさいばい

乳酸菌で土壌中の良質細菌を活性化させ、ぶどうの樹を健康にします。根の生長や光合成も活発になり、糖度が高くコクのあるぶどうが出来るようになります。

Moreもっと見る

ぶどうの種類と収穫時期

商品を詳しく見る

お知らせとブログ

農園だより

今年はいつもの年以上に農薬の使用を減らそうと、数種類の漢方から抽出した液を数回葉面散布しました。 1,000㎡当り約200ℓを目安に散布。その中には孟宗竹のからの抽出した竹エキスや、酵素剤、微量要素剤等を混入しました。 その為に慣行予防は芽が膨らんだ頃に1回と、花咲く前に1回の2回だけです。ただしうどんこ病が少し来たので、その周辺は1回多くなりました。 葉ダニも今のところ来ていないのですが、昨年天敵剤「スパイデックス」が効果があることが確認出来たので、今年も利用する予定です。 もちろん乳酸菌は使用済みです。 お天気のおかげでしょうが、竹エキスの効果もあるのか今年は味の乗りが早く、お盆までピオーネやゴルビーなどの色ぶどうが残るかどうか不安です。

さて、昨年6月6日頃に我家にやって来たニャンコの兄弟”兄ちゃん”と”チビちゃん”先住猫の幸ちゃんを追い越すほど大きくなりました。 太りすぎていた幸ちゃんはなかなか馴れず「フー、シャー」と近くに来られると叫んでいますが、すぐに逃げ出します。でもなんとなく近くにはやってくるので、賑やかに運動会が続いています。 ご飯も自由には食べられず、追いかけられて運動量も増えたためか兄弟よりも体重が少なくなっているようです。

2018年6月6日